◇CRーMT85V2
警備用MT。
CRーMT85を改造した特殊仕様となっており、左腕に機体捕獲用の巨大ハープーンが搭載されている。
また、右腕に射突型ブレードを装備しており、拘束した敵が抵抗する場合、粉砕することもできる。

説明:タノスのACを拘束したMTです。Gリーグは治安が悪いので、警備部隊もなかなかの強さ。
とはいえ、ハープーンをかわせば楽勝。



◇シンセリティアtypeA
地中に格納されている大型の球体ガードメカ。
装甲に青いラインが入っている。

装甲が非常に固く、ACの武装ですら簡単には破壊できない。
レールガンが格納されており、長射程・高熱量を誇る。
チャージ完了直前に装甲が開き発射。
4連パルスも左右に搭載している。

暴動、テロの制圧を目的に開発された。

集団でタイミングをずらしながらレールガンを発射するため、回避は困難。
近接武器も非常に強力。

弱点露出時間は3.5秒。


説明:接近すると装甲を閉じてパルスを連射するため、中距離以上から砂で狙撃して倒すと安全。



◇シンセリティアtypeB
地中に格納されている大型の球体ガードメカ。

装甲にオレンジのラインが入っている。

上部の装甲を開き、ホーミングレーザーを発射する事ができる(攻撃力重視)
また、サイドブースターとバックブースターも搭載されており、機動力も高い。

説明:ブースターを使うのでパルスは無しです。
弱点が上部にあるため、接近する必要があります。
爆雷ミサイルなら楽勝かもしれませんが。



◇シンセリティアtypeC
タワー内部を巡回している大型の球体ガードメカ。

装甲に赤のラインが入っており、表面はゴツゴツしている。

typeAをベースにしているが、装甲がより強化されており、APは×1.5倍。

装甲内部に火炎放射器を格納。サイドにはナパームを搭載しており、侵入者を焼き尽くす。

説明:接近しないと弱点を露出しない。
ナパームは食らいますが、引き撃ちで楽勝かも。
逃げ切るのは簡単だったりしますが、チャージングになると悲惨。



◇シンセリティアtypeD
タワー内部を巡回している大型の球体ガードメカ。

装甲に緑のラインが入っている。

武装は内部に格納されたレーザーブレード。
接近時、装甲が開き侵入者を切り刻む。

高いステルス性能を持ち、接近前に補足された場合は、ECMによる妨害を行う。
typeAをベースにしているが、装甲がより強化されており、APは×1.5倍。

左右のパルスはレーザー迎撃装置に転換されている。

説明:
死角からこっそり接近してくるアサシン。
半透明ですが、緑のラインが光るので発見は容易かったりする(マヌケ)

装甲が開く→ブレード展開→斬る
と、動作が遅いのでブレードで返り討ちも可。



◇シンセリティアSSEー21A
Gリーグやタワーに配置されている巨大キャビネットに、待機状態のまま保管されている大型の球体ガードメカ。
装甲に赤と黒のラインが入っており、通常より一回り大きい。

高出力ブースターを内蔵しており、不規則な動きが可能。

また、敵の攻撃を分析し、攻撃を回避する能力に優れている。そのためか、装甲はやや薄い。
武装は格納されているパルス砲のみで、追従する小型ガードメカがリニアガンで支援を行う。

説明:EN消費量が尋常ではく、長時間稼働不可。
そのため、キャビネット内で待機している。

ただ、こちらの射撃を回避しつつパルス砲で攻撃してくるので驚異度は高くなりそう。

弱点は行動範囲が限られており、定期的にキャビネットに戻らなければENが無くなる点と、ノーロック武器は無視する点。
よってロケットなら(ry
[←戻る]